鋼管・ステンレス管双方に対応

 スプリンクラー管や泡消火管等の配管は、細く構造が複雑で、大量の加工管を必要とします。また給水管の枝管以降の配管も細く、配管方法としてはネジ加工が適しています。

 弊社の石岡工場では、最新式の自動鋼管切断機や自動ネジ切り加工機を採用し、高速かつ正確な大量ネジ切り加工管の製作が可能です。

 一方、連結送水管や消防水利管(採水管)など太い径の加工管には、軽量なステンレス鋼管による溶接加工管が適しています。

Okabe Kakou Center Co.Ltd

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

岡部加工センター株式会社