松戸工場のステンレス溶接加工管

 薄肉化と小径化はそのまま軽量化につながります。同内径の鋼管に比べ、1/2~1/3の重量で加工管を製作できるので、現場への運搬費や施工時の負担が大幅に軽減されます。

薄肉化・小径化 ⇒ 軽量化

軽量化 ⇒ 材料費・工事費・運搬費の低減

 当社松戸工場では、ステンレス溶接加工管の製作をしています。

 技術に熟練した溶接技士が自動溶接と手動溶接を使い分け、ハウジング形管継手接続主体の加工管を完成させます。

 東京にアクセスの容易な立地条件を活かした、より早いお届け体制も同工場の強みです。

Okabe Kakou Center Co.Ltd

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

岡部加工センター株式会社