鋼管による配管のメリット

 鋼管による配管は古くから行われ、より幅広い分野で活用されています。

 ステンレスに比べると安価ですが、配管重量が重いことや、施工時の負担等を考慮に入れ、当社では細径管の加工に鋼管を使用しています。

 スプリンクラー管、泡消火管の流水検知装置2次側の配管は20A~65Aと細径の管が多く、配管構造も複雑です。これをステンレス鋼管の溶接加工で製作しようとすると人手や時間がかかり、コスト高となってしまいます。

当社石岡工場 自動鋼管切断機

Okabe Kakou Center Co.Ltd

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

岡部加工センター株式会社